「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」

不倫問題専門 心理カウンセラーの松宮直子と申します。

 

主に、「夫の不倫問題の解決に向けたカウンセリング」や「夫の不倫後の妻の心のケア」を専門としています。

 

カウンセリング相談実績は、2,500件以上。

 

サポートブックを順番に読んでいくだけで、次第に「自分軸」が身につき、不倫をしている夫に適切に対処をしていくことができるようになります。

 

 

 

夫の不倫が発覚すると、強い衝撃と共に様々な苦しい感情が出てきます。

 

結婚生活の全てが否定をされたような無力感。

 

妻として女性としての価値を失ってしまったような無価値感。

 

100%信じていた夫からの裏切りは、計り知れない心の傷を負います。

 

一瞬にしてどん底に突き落とされたような感覚になり、この先どのように歩いていったらいいのか、何を目指していったらいいのかもわからなくなります。

 

心に深い傷を負いながらも、

 

「なんとか夫に不倫を止めてもらいたい!」

 

「どうしたら不倫を止めてくれるのだろうか?」

 

「不倫を止めてもらうには、どのような対処をすればいいのか?」

 

こんな気持ちも出てきます。

 

どうしたらいいのかわからないので、まずはネットで様々な情報を得ようとします。

 

そこで目にするのは、

 

「夫を取り戻すためには、良い妻になりなさい」

 

「夫の不倫を見ざる、聞かざる、言わざるを徹底しなさい。そうすれば、夫は戻ってくる」

 

「すぐに証拠を取って(調査会社に依頼して)、不倫相手を排除しなさい」

 

このような情報が蔓延しています。

 

藁にもすがる思いなので「この通りにすれば、夫は戻ってくる」と信じ、心がボロボロになりながらも「不倫をしている夫」に尽くそうとしたり、良い妻をがんばったりします。

 

ただ、心に反していることを続けているので、数ヶ月経ってくると心と身体が限界を迎えます。

 

このように、心がボロボロになった状態で私のカウンセリングに来られる方も多くいます。

 

 

 

夫の不倫が発覚すると、誰でも心がパニック状態になります。

 

夫の不倫問題というのは、「生命の危機」にも匹敵するほどです。

 

今まで当たり前のように得ていた「安心・安全」が脅かされてしまうのです。

 

そのような事態に直面をすると、「一刻も早く夫を取り戻して、元の安全な生活に戻さなくてはいけない!」という気持ちでいっぱいになります。

 

不倫が発覚してから数ヶ月間は、冷静な判断ができなくなります。

 

結果、心がボロボロなのに「良い妻」をがんばってしまったり、「夫に尽くしたり」してしまいます。

 

しかし、不倫が解決されないばかりか、妻の心が疲れ果ててしまうんですね。

 

残念ながら「●●をすれば、必ず夫を取り戻せる」という魔法のような方法はないのです。

 

人の心をコントロールすることは誰にもできないことだからです。

 

人は、心が疲れ果てているときほど、無意識的に相手をコントロールしようとしてしまいます。

 

苦しくて辛くてたまらないのですから、「今すぐになんとかしたい!」「この苦しみから脱したい!」と感じてしまうからです。

 

このような負のループにはまってしまうと、「できること」よりも「できないこと」にエネルギーを注いでしまうので、心が疲弊するばかりか解決まで遠ざかってしまいます。

 

 

カウンセリングでは、ご相談者さまが辛い出来事を吐き出し、カウンセラーが分かち合うことで、失ってしまった「自信」を取り戻し、「自分の感情を認めてあげること」から始めていきます。

 

特に、夫の不倫問題は、妻として女性としての自信を全て奪われてしまいますから。

 

夫の不倫に気付かなかった自分、夫が不倫をしたのは自分が至らなかったからではないか・・と自分を責めてしまうこともあるでしょう。

 

不倫をしている夫に対処をしていくためには、自信を取り戻していき、「自分軸を持つ」ということが重要になります。

 

「自分軸」というのは、自分の考え、価値観、感覚、感情、行動を大切にし、尊重をするということです。

 

自分軸を持つことで、自然と不倫をしている夫に適切な形で対処ができるようになっていきます。

 

夫がどのような問題行動を起こしても、「ブレない」自分であり続けることができるようになります。

 

人の心をコントロールできなくても、ブレない心が「結果的に夫にも変化を与える」ということに繋がるのです。

 

何よりも「自分自身」に大きな変化が生まれます。

 

この変化は、どんな問題も乗り越えることができる「力」となります。

 

 

第1章では、「不倫に陥る心理」を知ることで、「普通の恋愛」と「不倫」とは違うという認識が持てるようになります。

 

第2章では、今までのカウンセリング実績(2,500件以上)や心理学の観点から、「不倫をしている夫がどのような心境でいるのか」を詳細に載せています。

 

第3章では、不倫をしている夫に対する「怒り」や「憎しみ」の感情とどのように向き合っていくか、どのように対処をしていけばいいのかを学ぶことで、心の負担を減らしていきます。

 

第4章では、夫の不倫に対処をする力を身につけるために、「自分軸」を作れるように構成をしています。

 

第5章では、「夫に不倫を止めてもらうための心の準備編」と「実践編」を具体的に載せています。

 

ネットでの情報は、「話し合いをしないと解決しない」「話し合いは避けた方がいい」と偏りがちな情報が多いです。

 

心理学の観点から、どちらの方法でもなく「もっと相手に伝わりやすい具体的な方法」や「伝え方」を詳細に載せています。

 

更に、調査会社での証拠を出すタイミングや別居中の夫に対する対処法などを具体的に載せています。

 

様々なケースを想定していますので、ご自分に当てはまる項目には目を通してみて下さいね。

 

第6章では、夫の性格によって、不倫の対処の仕方が変わります。どのような対処が望ましいのかを具体的に挙げています。

 

第7章では、不倫をしている人に「うつ病」を患っている方が多く、その場合の対処の仕方を載せています。

 

「うつ病」を患っている場合は、そうでない方以上に神経を使うこともあるでしょう。どのような心構えで、どの程度までを伝えたらいいのかを詳細に載せています。

 

第8章では、不倫相手に慰謝料請求をするタイミングや目的などをまとめています。

 

第9章では、夫の不倫問題を子供にどのような「伝え方」で話をすることが望ましいのかを記載しています。

 

伝え方を工夫して、子供の心の負担をできるだけ減らしていきましょう。

 

第10章では、離婚をするか、しないかを迷ったときや、離婚をするタイミングについて記載しています。迷いが出てきたときは参考にしてみて下さい。

 

第11章では、実際に不倫問題を乗り越えた方々の物語を載せています。

 

 

第1章から第11章まで「順番」に読んでいくことで、自然な形で「自分軸」を身につけながら、不倫をしている夫に適切に対処ができるようになっていきます。

 

「順番」に最後まで読んでいただくこと、繰り返し読むことでカウンセリングと同じような効果が期待できます。

 

 

このサポートブックは、実際にカウンセリングでお伝えしている内容が凝縮されています。

 

現在のカウンセリング1回「60分コース」は15,000円ですが、このサポートブックの内容をカウンセリングでお伝えすると、カウンセリング7〜8回分には相当します。

 


 

カウンセリングを卒業されたご相談者さまの声の一部です。

 

(愛知県在住 50代 女性)

 

ナオコ先生こんにちは、ご無沙汰してます。

 

お陰様で夫はやっと戻って来ました。
家を出てから●ヶ月近く、もう自分達でさえも一緒に暮らす事に希望が持てなくなっていました。

 

夫の顔も声も聞く事なく過ぎて行き本当に情けないやら、腹立たしいやら、実家にいるらしのですが、遠い異国の人みたいと思いました。

 

本人も色々模索していたようで、彼女と生きて行くか、一人で生きて行くか、家族の元に戻るか。
でもいくら考えてもやっぱり家族を思う気持ちが捨てられない事を認めたそうです。

 

娘と私は、特に娘は夫への不信感、嫌悪感が強く夫本人も受け入れて貰えないものと、怯えてました。

 

そんな夫を励まし、叱咤し自分の考えを突き通すよう話て、やっと帰還となりました。

 

妙なもので、本当に不可思議なんですが、夫は張り切っています、皆で出掛けたがります?
娘に言わせると、図々しい、謝罪がない、無神経と。

 

それでも娘も、心無しかほっとしていて肩の力が抜けた感じですね。

 

今は別室で寝てもらってます、少し距離を持った夫婦関係でいけたらと思っています。

 

思い知らせてやりたい女をやり込めたい、そんな気持ちも捨てきれませんが、私には出来そうにないので楽しく暮らす事のみ考えて行く方がいいのでしょう。

 

結局、私も夫を捨てる事などできない。それが今回私達家族が改めて思い知った事です。

 

悔しい気持ちに支配される事なく、心の奥にある自分の本当の思いに寄り添う事が一番だと感じました。

 

ナオコ先生本当にありがとうございました。

 

諦めなくて良かったと思います。

 

長くなりましたが、ご挨拶とさせて頂きます。

 

(東京都在住 30代・女性 I・W様)

 

松宮先生

 

こんにちは。早々にお返事いただきありがとうございました。

 

自分の人生を相手に委ねているという言葉にハッとしました。今回の事で、自分を大切にするという事を意識し始めてから、完全に自分がいなくなってしまっていた事に気が付きました。

 

相手をどうこうよりも、まず自分の人生を見つめなおす事が必要ですね。

 

そんなことは一人で気づくはずもなく、もし一人で全て解決しようとしていたら、私達家族の今はどうなっていたんだろう?と考えると恐ろしいです!

 

これからも、日ごとに変わっていく主人の言動に振り回されることなく私自身、主人の音楽活動は賛成なので、尊重しつつ問題行動は指摘していこうと思います。伝えるのも難しいですが、日々鍛錬ですね。

 

久しぶりに友達と会って近況を話したんですが、どこの家庭も多かれ少なかれいろいろ問題があるようでした。

 

私がカウンセリングで先生に頂いたアドバイスを話すと皆、関心と驚きと納得の声でいっぱいでした。

 

先生のお話は私の様な状況の人も、円満にしている人も、すべての女性への共通のメッセージなのかなと思いました。

 

ありがとうございました。

 

(兵庫県在住 30代・女性 C.T様)

 

松宮さん、こんにちは。

 

自分を大切にするということが、相手に対して毅然とした態度で臨めることに繋がる… いつも話し合いをして夫が逆ギレして別居や離婚を言いだしたら、私はさらにキレるか泣いて訴える事しか出来なかったのですが、この事を松宮さんに教わり、次からの話し合いにちゃんと活かしたいと思いました。

 

それから【自分の権利を知る】という文章、いくつか引っ掛かるものがあったので、何度も読み返していきますね。

 

私のつたない文章でも、ちゃんと読み取ってアドバイスして下さり、本当にありがとうございました。

 

もっと早く松宮さんの存在を知ることが出来ていたらなぁと思います。

 

またきっとカウンセリングをお願いすると思いますが、その時はどうぞ宜しくお願いしますね。Blogもずっと見ていきます。ありがとうございました(*^□^*)

 

 

貴重なご感想をいただき、本当にありがとうございました!


 

現在カウンセリングをしているご相談者さまから、サポートブックのご感想をいただきました。

 

(神奈川県在住 50代 女性)

 

NAOKO先生、昨日はカウンセリングありがとうございました。

 

サポートブックも送って頂き、お言葉に甘えて受け取らせて頂きました。

 

大変ありがたく、感謝の言葉も及びません(T^T)

 

初めに、と目次、そして本文数ページに目を通しました。

 

知りたい!読みたい!と思う、待ち望んでいた内容ばかりです。

 

不倫そのものを理解出来そうですし、何より、不倫に立ち向かわねばならない、ツラく苦しい時、くじけそうな時の心の支えになりそうです。

 

この書籍で、問題にしっかり対処出来る力をつけたいと思います。

 

色々な要素が含まれ、構成、編集など完成までにはご苦労が多々あったことでしょう〜!

 

執筆お疲れ様でした。NAOKO先生の思いの詰まった書籍ですね。ジックリ何度も読ませて頂きます。

 

このサポートブックが、不倫に悩む多くの方達のバイブルになると良いと思います。

 

いや、きっとなります!不倫されている妻達にとっては心強い味方です。

 

先ずは、完成のお祝いと御礼を心より申し上げますm(__)m

 

(中略)

 

あれから一気に第5章まで読みました。

 

分かり易く、心にス〜っと入って来る内容ですね!

 

優しい言葉遣いの文章でありながら、理論的、心理的に不倫問題の本質を捉えてありますね。

 

完成度の高さに感激しています。

 

NAOKO先生の総力を集結された、他には無い、オンリーワンの書籍だと思います。

 

うちは夫の不倫→別居(主人の実家で同棲)→その後に事実発覚。大きなショックを受けました(>_<)

 

家族思いで子煩悩だった主人に裏切られた苦しみと悲しみ、、、、

 

不倫に走る人の心理が分からず、何故?何故?知りたい!という欲求が高まり、暇さえあれば一日中、泣きっぱなしでネット検索している時期もありました。

 

ブログを読んでも、カウンセラーの方によって、提唱している事が真逆である場合もあり、不倫に全く縁が無かった私には迷うところでもありました。

 

問題の解決には、一体どっちが本当に有効なの?夫の不倫に見ざる言わざる、聞かざるがいいの?掃除や料理を頑張って、自分も綺麗にして良い妻になることがいいの?と・・・

 

このサポートブックには、対処についての具体例もあげられていますが、それぞれのリスクや弊害についてもちゃんと説明されているので、そこがとてもいい!と思います。もう迷わなくなりました。

 

NAOKO先生のカウンセリングを受けるようになってから、夫や不倫相手の心理についても教えて頂き、また私自身へは一日一回、自分で自分を褒めてあげましょう〜!とアドバイスもしていただき、お陰様で不倫問題に、もがき苦しみながらも、昨年のように独りで認知症の老母を抱えての、最悪の精神状態からは抜け出せるようになりました。

 

こちらは、そんなNAOKO先生のカウンセリングを受けているような感覚になる書籍ですね!

 

しかも、カウンセリングでは限られた時間内で耳からの情報であったりしますが、サポートブックは目からの情報なので記憶に留め易いように思います。

 

何度も読み返せるのも、書籍ならではですね!

 

実際のご経験者様の体験談は励みになります。

 

色々なケースがありましたが、不倫された者、乗り越えた方にしか分からない感情ですね。

 

つい我が身に置き換えて、この方達のように抜け出せたら!と思いを強く致しました。

 

NAOKO先生ご自身のご家族関係について書かれている部分もあり、そうしたツラい出来事の数々が、今の先生の芯の強さ、包容力と優しさに繋がっているんじゃないかと思えました。
載せるのは勇気が要ったことでしょう〜!
ご開示、ありがとうございました。

 

容易には、我が家の不倫問題は解決に至りそうもありませんが、NAOKO先生に支えて頂きながら、このサポートブックも心強い味方に付けて、きっと夫の不倫が終わる日が来る!と信じ、進んで行けそうな気がしています。

 

長くなりましたが、全部読み終えましたら、また感想など送らせて頂きたいと思います。

 

(中略)

 

まだ時々落ち込む日があるのですが、サポートブックを全部読み、自分軸を持つ事の大事さを痛感しました。

 

読み終わって、不倫され、傷ついてる妻にとっては強力な心の支えになる書籍だと、改めて思いました。

 

たくさん胸に響く言葉にも出会えました。

 

*「妻は選択される側でなく、する側。」

 

*自分がどうしたいのか、に「本当の答え」がある。

 

*「一人でも楽しい、二人だともっと楽しい。」も響きました。
今ある状況をツラい!悲しいとばかり捉えるのではなく、束縛から放たれて自由になったと思えば良いのだと気が付きました。

 

*問題解決の多くが、妻が「夫への執着を手放せた時」と、言うのもズシンと来ました。
私はまだ、そこまで出来ていないし、この先の覚悟も出来ていない・・・
先ずは自分軸を持てるようにしよう!と思いました。

 

 

(東京都在住 50代 女性)

 

本当に興味深い内容です。不倫の構造や心理を理解する事は、しばし悲しみを忘れさせてくれます。

 

もちろん、されてしまった事は消せないという事には変わりなく無理に理解する事は無いと思いますが、 理解に及べば、夫の事をある程度距離を置いて見られるようにもなります。

 

されてしまって傷つき悲しんでいる自分と、事態を客観的に捉えられる自分との二重性が生まれますので、 自分にも距離を置いて慰める事もできます。

 

そして夫の事を少し客観的に見ることができると、夫はこのような人だった、この人とこれからも(自分が選んで)やって行くのだろうか、と、少し第三者のような視線が生まれます。

 

そうすると、ちょっとだけ執着から離れられるような気がするのです。

 

 

貴重なご感想をいただき、本当にありがとうございました!

 

このように感じて下さったことがとても嬉しいです。

 

自分軸を持てるようになると、「自分ではどうにもならない」という無力感から解放されます。

 

「どうにもならない」から「どうにかなる」という主体的な気持ちに変わるため、自尊心も芽生え、その自尊心が「問題行動を起こしている夫に適切に対処できる力」になるのです。

 

自分軸は、自分の感情や価値観、行動を大切にしていく「積み重ねの先にあるもの」です。

 

これからも、焦らずにありのままの自分の感情を大切にしてあげて下さい。

 

今後も全力でサポートさせていただきますね。

 

カウンセラー NAOKO(松宮直子)

 


 

目次「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」

 

 

(PDF形式・・全144ページ)

 

・はじめに・・P6

 

・注意事項・・P7

 

第1章・・何が人を不倫に走らせるのか!?・・P8

 

・不倫に陥りやすい人の性格

 

・不倫をする人としない人の違いとは?

 

・不倫は麻薬中毒と一緒!?

 

・既婚男性が不倫相手に求めているものは?〜心の癖によって、不倫相手に求めているものが変わる

 

(タイプ1)不幸な女性を救いたい

 

(タイプ2)誰かに認められたい、賞賛されたい

 

(タイプ3)性的衝動が抑えられない

 

・不倫関係が長いほど、不倫相手に愛情はない

 

・不倫から冷めるときはどんなとき?

 

 

第2章・・不倫中の夫の態度や言動から、不倫の心理を読み解く・・P27

 

・不倫を始めてから、家での態度が急に悪くなった夫の心理

 

・不倫を続けていても、家での態度が変わらない夫の心理

 

・不倫期間が長い(3年以上)夫の心理

 

・不倫を始めてから、妻に対して「離婚」を急かす夫の心理

 

 

第3章・・怒りの感情と上手に付き合っていく方法・・P34

 

・怒りの感情の正体は?(怒りのスイッチには、3つの要因がある)

 

・怒りの裏に隠れている「本当の感情」を見つける

 

・怒りの感情の扱い方〜自尊心を取り戻していく

 

・怒りの感情を解放させていくための対処法〜心の負担を減らすために

 

 

第4章・・不倫に対処をする力を身につける方法〜自分軸を作っていく・・P44

 

・夫の気持ちを取り戻すために、良い妻をがんばってしまう弊害

 

・夫が不倫をしているのは、「妻の責任ではない」ということを認識すること

 

・自分の心を大切にする方法(心の基盤)

 

・自分の心の声を「無視」するとどうなるの?

 

・夫と自分との間に心の境界線を作っていく

 

・周りからの否定的な声にはどのように対処をしていく?

 

・不倫を静観し続けるとどうなる?

 

 

第5章・・実践!不倫を止めてもらうための効果的な対処の仕方・・P59

 

・不倫をしている夫に対して、自分が「できること」と「できないこと」の区別をつけていく。心の負担を減らすために・・

 

・いざ、夫に対処をしようと思っても躊躇をしてしまうとき〜怖れを取り除くことで適切に対処ができる

 

〜離婚される不安があるときは〜

 

〜経済的な不安があるときは〜

 

〜世間的な不安があるときは〜

 

〜子供に対する不安があるときは〜

 

〜心理的な不安があるときは(夫が離れていくことが不安)〜

 

 

・不倫を止めてもらうための有効な働きかけ方(準備編)

 

・不倫を止めてもらうための有効な働きかけ方(実践編)〜「話し合うこと」だけが解決策ではない「本当の意味」と「実践法」

 

・それでも夫が不倫をやめてくれない場合の最終兵器

 

・不倫をしている夫が素直に話し合いに応じてくれるが、いつまでも不倫関係が手放せないときの対処法

 

・不倫をしている夫に対して、「段階を経ることなく」調査会社の証拠をつきつけたり、相手女性へ慰謝料請求を行うことのリスク

 

・不倫をしている夫に調査会社での証拠をつきつけたり、相手女性に慰謝料請求をした後に、「夫が逆ギレ・家を出て行く・離婚」と騒いできた場合の対応

 

・自分軸を作ったことで、不倫をしている夫に対して適切な対処ができた事例

 

・不倫をしている夫と別居している場合の対処法

 

〜別居をする夫の心理〜

 

〜別居中の夫に対する対処法〜

 

〜妻との接触は増えているが、不倫関係を止めない場合〜

 

〜現状を打開するには〜

 

 

・不倫の証拠がなくても対処は可能

 

・怖くて夫に不倫の対処ができないときは

 

 

第6章 夫の性格によって、不倫の対処法を変えていこう・・P102

 

・俺様タイプの対処法

 

・甘えが強いタイプの対処法(夫との関係性が親子関係になっているとき)

 

・逃げる、避けるタイプの対処法

 

・真面目過ぎる、罪悪感が強いタイプの対処法

 

・浮気癖タイプの対処法

 

 

第7章・・不倫をしている夫が「うつ病」を患っている場合の対処法・P111

 

・「うつ病」の人が不倫に陥りやすい理由

 

・「うつ病」の人が見ている世界

 

・「うつ病」の人に対しての不倫の対処法と心構え

 

 

第8章・・相手女性に対する慰謝料請求は有効か!?・・P117

 

・相手女性に慰謝料請求をするときは、タイミングを図ろう!〜リスクを減らすために

 

・相手女性に慰謝料請求をする「目的」を考えてみる

 

・自分で取れる証拠は集めておく〜証拠の集め方

 

・調査会社での証拠を出すタイミングとは

 

 

第9章・・夫の不倫問題を子供にはどのように伝えるべきか?・・P124

 

・子供に話をする際の注意点〜子供への心の負担を減らす伝え方

 

・お父さんの不倫問題を伝えるタイミング〜子供の年齢を考慮する

 

 

第10章・・離婚をするかしないかの境界線・・P129

 

・離婚をしようかしないかを迷ったとき

 

・離婚を選択するタイミング

 

・子供のために離婚を選択しない?〜子供にとっての幸せとは何か

 

・離婚が子供に与える影響と心の負担の減らし方

 

 

第11章・・夫に適切な対処を取り、不倫が終息した事例・・P137

 

・「離婚をする!」と騒いでいた夫が不倫を止めて夫婦の絆が深くなった実例

 

・逃げ癖の強い夫が不倫を止めて家族の大切さを実感できた実例

 

 

特典

 

特典1・・サポートブックを購入して下さった方は、カウンセリングの受付再開を待たずに、いつでもカウンセリングのお申し込みができます。

 

カウンセリングでは毎月ご予約が立て込んでいるために、新規の方のご予約が取りづらい状況となっております。

 

ご予約は、リピーターさま・サポートブック購入者さまを優先とさせていただいています。(現在、「夫の不倫で傷ついた心を回復させるサポートブック」も出版させていただいています。)

 

●特典2・・サポートブック購入者さまは、カウンセリング料金を「サポートブック購読者さま価格」とさせていただきます。

 

カウンセリング1回(60分)15,000円→サポートブック購読者さま価格の13,500円

 

カウンセリング1回(80分)18,000円→サポートブック購読者さま価格の15,000円

 

(カウンセリングをお申し込みの際には、「サポートブック購入」の記載をお願いします。)

 

●特典3・・サポートブックを読んで「○○のケースではどうなのか?」という「ご質問」や「疑問点」について対応させていただいています。

 

但し、個別回答は行っておらず(カウンセリングになってしまうため)、ブログにて公開回答をさせていただきます。(個人が特定されないように配慮させていただきます)

 

1人の方が持つ疑問は、他の方も感じている疑問でもある可能性があります。

 

サポートブックを読んで下さっている方をはじめ、より多くの方の悩みや問題に対処できるように、ブログにて公開回答という形を取らせていただきます。

 

サポートブック購読者さまは、「ご質問」や「疑問点」が出てきた場合は、下記メールアドレスまでメールをお送り下さいね。(内容によっては個別回答させていただく場合もあります)

 

info@counseling.her.jp

 

(※携帯・スマホの方は、info@counseling.her.jpからメールが受信できるように、受信許可リストへの登録をお願いします。)

 

新サイト「夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング」の「アフターフォロー記事」にて回答させていただいます。

 

 

カウンセリングでは毎月ご予約が取りづらい状況となっており、ひと月にカウンセリングできる人数も限られています。

 

現在では、数ヶ月もの間、新規の方のお申し込みがストップしてしまうことも度々あります。

 

お待ちいただいている間に、悩みを抱えている方の状況は刻々と変化をしています。

 

そこでお一人でも多くの方に、カウンセリングで提供させていただいているノウハウやお気持ちに寄り添ったメッセージをお伝えしたいという想いから、サポートブックという形で一冊の本に集約させていただきました。

 

相談実績に基づき、様々なケースを想定しながら一冊の本に集約しましたので、ご自分に当てはまる項目がある場合はぜひ参考にして欲しいと思います。

 

もう1人で悩み苦しむ必要はありませんよ。

 

サポートブックを読んだら終わり・・ではなく、サポートブックを一つの基盤にしていただき、今後も情報を発信していく中で「心の繋がり」を感じてもらえたらと思っています。

 

予期せぬ夫の不倫問題を乗り越えるために、このサポートブックがあなたのお力になることができたら幸いです。

 

そして、1日でも早く夫の不倫問題が解決されて、安心・安全を感じられるような穏やかな日々を送れることを心から願っています。

 

 

著者 不倫問題専門 心理カウンセラー 松宮直子

 

(プロフィール)

 

ご購入お申し込み方法

 

「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック」は、ダウンロード形式(PDFファイル)または冊子版でのご提供となります。

 

価格は、22,500円(税込)となります。

 

※冊子版をお求めに際は、別途手数料1,800円がかかります。この場合、合計金額が「24,300円」になります。

 

(万が一、お申込みの際に、「ダウンロード版」(22,500円)を選択してしまった場合は、インフォカートのサポートセンター(043-440-6702)までお問合せ下さいね。冊子版変更の手続きをして下さいます。

 

もし、お電話が繋がらない場合は、下記のサポートセンターまでメールでお問合せ下さい。
インフォカートサポートセンター

 

冊子版の配送は、決済完了後から2〜3日程度でポストに届きます(休業日を除いて)。開けないとタイトルはわかりませんので、ご安心下さいね。

 

※インフォカート休業期間:2016年8月11日(木)から2015年8月15日(月)まで
対象業務:メール・電話のお問い合わせ対応、銀行振込の入金確認

 

※ダウンロードに関する問題で、上記のサポートセンターに問合わせても解決しない場合は、カウンセラー松宮直子までご連絡下さい。必ず何らかの対処をさせていただきますので、どうかご安心下さいね。(PCメール info@counseling.her.jp スマホの方はこのメールアドレスから受信できるように、受信許可リストへの設定をお願いします。)

 

本書のご購入は、下記リンクからお申込み下さい。

 

(「インフォカート」という販売代行会社様のサイトへ行きます。決済・冊子の製本・配送を委託しています。信頼できる安全なサイトですので、どうかご安心下さいね。)

 

お支払方法はクレジット決済、Bitcash、銀行振込をご利用いただけます。

 

対応決済サービス

 

●夫の不倫問題に対処するためのサポートブックご購入お申込みフォーム

 

【注意事項】

 

・本書はPDF形式(全144ページ)となっております。PDFファイルを読めるパソコン、スマートフォン、タブレット端末をご用意のうえお申込みください。

 

・スマホ・タブレットの方で迷惑メール対策を行っている方は、「infocart.jp」を登録してメールを受信できるようにしてください。メール受信ができないと、申し込み自動確認メール・入金確認のメールが届きません。ご注意下さいね。

 

・スマートフォン、タブレット端末でも、端末の容量不足等の関係で正常に本書(PDFファイル)をダウンロードができない場合があります。その場合は冊子版(別途手数料1,800円がかかります)をお求めください。

 

・スマートフォン以外の携帯電話(従来型の携帯電話。いわゆる「ガラケー」)では本書を読むことはできませんので、ご注意ください。

 

・スマートフォン以外の携帯電話しかお持ちでない方は、冊子版(別途手数料1,800円がかかります)をお求めください。

 

海外にお住まいの方へ・・インフォカートによる販売は「日本国内のみ」となっております。冊子版以外については、直接カウンセラーNAOKOが対応させていただきます。サポートブックが必要な場合は、下記メールアドレスまでご連絡下さいね。(※PDFファイル、銀行振込のみの対応となります)

 

info@counseling.her.jp

 

 

 
 
 
特定商取引法の表示